◎総務局長(東山芳孝) 総務局関係の議案につきましてご説明申し上げますので,議案書の21ページをお開き願いたいと存じます。
 議案第79号,川崎市公文書公開審査会委員の選任についてでございますが,公文書の閲覧等請求に対する処分について不服のある者の救済機関として設けられております公文書公開審査会の委員の選任について,川崎市情報公開条例第15条第3項の規定により議会の同意をお願いするものでございます。
 このたび,現在の委員の任期が平成8年10月17日をもちまして満了となりますので,石井尚武,兼子仁,茆原洋子,次のページに参りまして戸田孔功,藤原淳一郎の各氏を選任しようとするものでございます。なお,各氏の略歴につきましては23ページから27ページまでの参考資料をご参照願いたいと存じます。以上で議案第79号の説明を終わらせていただきます。続きまして,報告第16号のうち総務局関係の報告につきましてご説明申し上げますので,別冊の黄色い表紙の報告書の3ページをお開き願いたいと存じます。
 財団法人川崎市国際交流協会の経営状況につきましてご説明申し上げます。初めに,平成8年度事業計画の概要でございますが,当財団の目的であります個性と活力にあふれた国際交流を推進し,市民の国際感覚の育成と国際理解の増進並びに国際友好親善の促進を図るための諸事業を行うとともに,川崎市国際交流センターの管理運営を行うものでございます。
 次に,4ページに参りまして収支予算書でございますが,収入の部は基本財産利息収入,補助金収入,受託収入などに前期繰越収支差額を加えました合計は3億3,339万5,000円で,支出の部は事業費,管理費で,当期支出合計は収入合計と同額でございます。
 次に5ページに参りまして,平成7年度の決算状況につきましてご説明申し上げます。初めに,5ページから6ページにございます事業の実績報告でございますが,市民の国際感覚の育成,国際理解の増進及び市民と外国人との友好親善の推進を図るため,外国人相談事業,国際交流事業,研修事業,外国人留学生修学奨励金支給事業及び川崎市国際交流センターの施設管理事業などの事業を行ってまいりました。
 次に,7ページに参りまして収支計算書でございますが,収入の部は基本財産利息収入,補助金収入,受託収入など,当期収入合計は3億6,040万7,225円で,支出の部は事業費,管理費で,当期支出合計は3億5,456万6,442円となっております。したがいまして,当期収支差額は584万783円でございますが,これに前期繰越収支差額を加えました次期繰越収支差額は741万8,346円となっております。
 次に,8ページに参りまして正味財産増減計算書でございますが,増加の部の合計額が584万783円に対しまして,減少の部の合計がゼロでございますので,当期の正味財産は584万783円の増加となっており,前期繰越正味財産にこれを加えました期末正味財産合計は3億896万3,346円となっております。
 次に,9ページに参りまして貸借対照表でございますが,資産合計と負債及び正味財産の合計はそれぞれ3億1,420万2,626円でございます。
 以上で総務局関係の議案及び報告のご説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。